日本で人気の外国料理

デートや旅行で六甲道に行った際、どこに料理を食べに行きますか?日本にはたくさんの飲食店があります。日本食は勿論ですが、外国料理のお店も多く存在します。その中でも多いのが、イタリアンです。特にパスタ料理は日本でとても人気です。その人気からチェーン店になっているお店もあります。

イタリア料理の有名なパスタ料理

イタリアン

カルボナーラ

イタリア炭焼き風と言う意味です。卵とチーズとベーコンを和えたものに黒コショウを振りかけて、パスタと絡めた料理です。カルボナーラは日本でも人気のパスタ料理の1つです。お店によっては日本風の味付けにした和風カルボナーラを出すお店もあります。

アラビアータ

アラビアータは、イタリア語で怒っているという意味の他に、猛烈なという意味もあります。トマトソースに唐辛子を加えて普通のトマトソースには無い辛さが目立つパスタです。アラビアータは普通のパスタで出す所もあれば、ペンネを使用する所もあります。

ペペロンチーノ

ペペロンチーノは唐辛子という意味です。にんにくと唐辛子を使ったペペロンチーノが多くお店で出されています。日本ではペペロンチーノのイメージが唐辛子よりもにんにくのイメージが強いです。イタリアでは、日本で出されるペペロンチーノの事をアーリオ・エ・ペペロンチーノといいます。

ボロネーゼ

ボロネーゼはイタリアの州都ボローニャが発祥地の為この名前がつきました。日本語で別名、ミートソースになります。スーパーでも缶詰で売られているので、お家で簡単に作れるパスタ料理です。

ペスカトーレ

ペスカトーレは漁師風という意味です。カルボナーラと同じで、日本でもよく食べられるパスタ料理の1つです。ペスカトーレの特徴は、魚介類をパスタソースに使ったいる所です。日本ではトマトソースの印象が強い料理ですが、魚介類が使われてるパスタをペスカトーレというので、トマトソースを使わなくてもペスカトーレと出す事はできます。

イタリアンで出される人気パスタ料理の種類を紹介!

ピザ

料理以外のおすすめ

イタリア料理店は食事のメニュー以外にもワインにこだわっているお店もあります。その理由としては、イタリアはフランスと並んでワインの名産国だからです。ワインの風味は、地域や収穫する時期によって味が変わるので、自分でお気に入りのものを見つけてみてください。また、ワインに詳しいソムリエにおすすめを聞くと、美味しいワインを紹介してくれますよ。

広告募集中